自閉症スペクトラムの息子&高機能自閉症スペクトラム(推定)の娘と、泣いて笑って山あり谷ありの日々の記録
| Admin | Write | Comment |
☆Welcome☆


我が家の長男・ゆぅ
全体的に、発達の
ゆっくりめなのんびり君
…と呑気に構えていたら、
実は“自閉症スペクトラム
障害”でした…Σ(- -ノ)ノ
そんなゆぅとの奮闘の
模様を、愚痴も交えつつ
(てかこっちがメイン
 だったり…www)
つらつら綴っております
特に同じ障害をお持ちの
お子様の mamaさん&
papaさん、ぜひお友達に
なって下さいm(__)m


Comment
[04/11 pinga]
[04/10 tamaママ]
[04/02 未悠]
[04/02 shizuku]
[04/01 未悠]
Trackback
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
HN:
未悠
性別:
女性
自己紹介:
≪登場人物≫

 …京都在住の浪速女
  趣味はShoppingと
  ハーブ栽培
  息子同様、
  コミュニケーションは
  苦手だったり…(汗)

 …一見おっとりそうに
  見えて案外短気な京男
  料理が得意で
  子煩悩なマイホームパパ
ゆぅ
 …2008年4月生まれ
  電車と車と音楽を愛する
  やんちゃな幼稚園児♂
  2歳5ヶ月の時、自閉症
  スペクトラムとの診断
  療育手帳(B判定)所持
ゆぃ
 …2010年10月生まれ
  歌と踊りとお人形大好き
  口が達者で気の強い
  我が家のワガママ姫
  2歳で発達障害が判明
  (高機能自閉症
   スペクトラム疑い)
QR
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゆぅにとって、この世からなくなって欲しい
どんなに下手に頼まれても、二度と経験したくないっ
…ってぐらいに、大っ嫌いで苦手なもののひとつに、
散髪があります。


ゆぅの場合、切り落とされた髪の毛の束が
恐ろしくてしかたないみたい。
(床に落ちた抜け毛もめちゃくちゃ怖がります…)


拍手


その上、ドライヤーの音も怖くてしょうがないので、
美容室に連れて行くことも出来ません


なので、もうすっかり伸びきってしまって、
これ以上はだらしないし、目や耳に入ってしまうし…
というギリギリのところまで来たら、
私が無理矢理カットしちゃってます


明日、ゆぅはパパと、
パパの実家に遊びに行く予定なんですが、
じぃじはちょっとでもゆぅの髪の毛が伸びてると、
「ワシが切ったろか~バリカンでガーッていったるで
と、必ず言います。
ちゃんと短く切ってない私に、注意の意味もあるんでしょう…


それがち~っと、カチンとくるので、
じぃじと会う前には必ずカットするようにしてるわけですが、
毎回もう、大騒ぎです…


今日も、ゆぅの入浴ついでに切ろうと、
クシ型になってて髪をとかすようにカット出来るヤツを手に
お風呂場に連れてったら、
まるで拷問にでもあってるみたいな、恐怖に怯えた顔で、
声が嗄れるまで泣き叫んでました…


必死になだめすかしながら、
なんとか全体を短くカットは出来ましたが、
ありゃ通報されても不思議ぢゃないわな…


そんなに散髪恐怖症なゆぅなのに、
可哀想なことに、ゆぅは髪の毛が多くて、
伸びるのも早いんだよねぇ…


世の中うまくはいかないもんです


本当は、美容室でも連れてって、
ちょっとオシャレなヘアスタイルにしてあげたいんですが、
今はとにかく、
目や耳にかからない長さを死守するだけで精一杯です


しかし、なんかいい方法ないかなぁ~(´・ω・`)



PR

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
↑ポチッとしていただけると励みになります(*^-^*)

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85]

Copyright c 四つ葉のClover。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By :: RIBBON :: / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]