自閉症スペクトラムの息子&高機能自閉症スペクトラム(推定)の娘と、泣いて笑って山あり谷ありの日々の記録
| Admin | Write | Comment |
☆Welcome☆


我が家の長男・ゆぅ
全体的に、発達の
ゆっくりめなのんびり君
…と呑気に構えていたら、
実は“自閉症スペクトラム
障害”でした…Σ(- -ノ)ノ
そんなゆぅとの奮闘の
模様を、愚痴も交えつつ
(てかこっちがメイン
 だったり…www)
つらつら綴っております
特に同じ障害をお持ちの
お子様の mamaさん&
papaさん、ぜひお友達に
なって下さいm(__)m


Comment
[04/11 pinga]
[04/10 tamaママ]
[04/02 未悠]
[04/02 shizuku]
[04/01 未悠]
Trackback
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Profile
HN:
未悠
性別:
女性
自己紹介:
≪登場人物≫

 …京都在住の浪速女
  趣味はShoppingと
  ハーブ栽培
  息子同様、
  コミュニケーションは
  苦手だったり…(汗)

 …一見おっとりそうに
  見えて案外短気な京男
  料理が得意で
  子煩悩なマイホームパパ
ゆぅ
 …2008年4月生まれ
  電車と車と音楽を愛する
  やんちゃな幼稚園児♂
  2歳5ヶ月の時、自閉症
  スペクトラムとの診断
  療育手帳(B判定)所持
ゆぃ
 …2010年10月生まれ
  歌と踊りとお人形大好き
  口が達者で気の強い
  我が家のワガママ姫
  2歳で発達障害が判明
  (高機能自閉症
   スペクトラム疑い)
QR
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すいません…
先に謝っときますが、愚痴になります


「そーゆーの聞きたかぁねーんだょ
という方は、遠慮なくスルーして下さいませm(__)m


拍手


こちらでも何度か記事にしてますが、
両家の両親のこと。


ゆぅの障碍については、どちらにも話してあります。
どちらも、一応、それを否定したり、
そのせいでゆぅに対する態度が変わったり…
といったことは、幸いなことにありません。


がっ


理解してくれてるようで、
やっぱりなかなか理解してもらえてないんですね…。


先日、ダンナの両親が家に来たのですが、
義父からこんなことを言われました。


自閉症を治す薬というのがあるんやてな。
あんなもん、絶対に飲ましたらあかんぞ
病院行ったら、医者はすぐにその薬を
飲ましたがるらしいからな。
お前ら気ぃつけろよ、えぇか
絶対に飲ますなよ



……んとですね。
いいですか?
自閉症ってのは、障碍です。
自閉症スペクトラムも、障碍です。
薬飲んで治るんなら、障碍じゃないです。
病気です。


「自閉症を治す薬」ってのがどんなものかも知らず、
飲ませたらいけない根拠も知らないのに、
なんでそんなわかったような言い方で、
命令されなきゃならないんだろ。


基本的にはイイ人だし、
私達にもよくしてくれるし、
ゆぅのこともあぃのことも、とても可愛がってくれる。
だから、こんなことあまり言いたくないんだけど…


正直、こういうのはしんどいです(泣)


ダンナの両親だけではない。
私の両親も、相当困りものです。
こちらはダンナの両親よりも、さらに困ります。


感覚過敏により、甘いものが食べられないゆぅ。


両親は、孫が出来たら、
おもちゃをあれこれ買い与えたり、
お菓子や果物をたらふく食べさせたりするのが
夢だったそうです。
(こっちからしたら、本当に迷惑な夢です


まだゆぅが1歳になる前から、
アイスやチョコなどを食べさせたがってて、
よくモメたものでした。


それほどまでに、ゆぅにも甘いものを食べさせるのを
熱望していた両親です。
ゆぅが甘いものを食べられないことに、
納得出来るわけがありません。


どれだけ特性だ感覚過敏だと説明したって、
「じゃあ仕方ないな」と言った数秒後には、
もう、ゆぅの前に甘い菓子パンやお菓子を置いてます。
ゆぅが嫌がって、ものすごいしかめっ面でそれを押し返しても、
無理矢理ゆぅの手に押し付けてきます。


そして毎回言われるのが、
「そうやっていつまでも食べさせないつもりか
「そんなにあれはダメこれは無理って、
じゃあこの子は一体毎日、何を食べているんだ
……いやいや、食事は3食きっちり、
好き嫌いもほとんどなく食べてますよ?
お菓子と果物が食べられないだけですから。
それほど、栄養的にも困るコトはないですって。


感覚過敏は年と共に薄れて行くことが多いから、
今そっとしておけば、
小学校に入る頃には、食べられるようになるかもしれない。
でも、今無理強いしてしまったら、
ヘタしたらトラウマになって、
一生食べられないままになるかもしれない。
と、発達外来で説明を受け、
それを両親にも伝えてあります。


それでも毎回、「これ食べんか」「これ食べてみぃ」と
お菓子やら果物やらを無理強いしようとし、
本人が思いっきり拒絶すると、
「こんなおいしいもん食べさせてもらえんと、可哀相に」
と嫌味たっぷりに吐き捨てる父。


ついでに、
「アインシュタインとかも、そういう障碍やってんてな
こういう子らは、何かずば抜けた才能持っとんのやろ?
じゃあ、ゆぅも将来は学者になって、
ノーベル賞取ってもらおうか
おい、そのために、せっせと勉強していい学校行ってくれよ


 ………しばいたろか(怒)


ほんの形だけでも親孝行のつもりで、
時々会ってるけど、
ゆぅのためにはもう、会わさないようにした方がいいのかな…。
(実際、ゆぅも大して懐いてないし…)


じーちゃんばーちゃんも、
ゆぅが可愛くて、心配で、
だからこその行為だってことは、よ~くわかってるつもり。


でも、その行為で、
親の私たちは疲れてしまう…ってこと、
わかってもらうのはやっぱり無理な話なんでしょうねぇ




PR

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
↑ポチッとしていただけると励みになります(*^-^*)

この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80]

Copyright c 四つ葉のClover。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By :: RIBBON :: / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]